うなぎを食べに岡谷に・・・

桃の作業で相当疲れて体力も消耗したので、主人と岡谷にウナギを食べに行ってきました。結構遠くからもきていました。私は「上丼」で主人は「特上重」

       こちらは上丼

でも大満足で帰ってきました。「水門」さんに行きました。
手作り教室はコロナで少し様子を見てからの開催を考えております。
お楽しみに・・

桃の作業やってます~

只今、桃の「摘雷」真っ最中です!「摘雷(てきらい)」・・・とは.文字通り桃の花のつぼみを取ることなんです。とにかく大変な作業です。
今日は午後より雨になり作業はお休みです。

摘雷講習会

なんとか早く終わってカフェの開店準備をしたいので、わたくしとっても焦っております(;_:)

雨が多かったので来週いっぱいかかりそうです。あ~ホントに焦る・・(≧◇≦)

 ぽちっとね。

 

桃のせん孔細菌病って?

せん孔細菌病というのが今年は極めて多いので、久々に急遽マスクをしての講習会開催となりました。

枝が黒く変色したり、葉っぱが黒くなって枯れたり、見分けのつきにくいものもありますが今年はこれが大発生しているようです。ほっておくと木の全体に移って果実にも影響する怖い病気だそうです。まるでコロナだわという人もいました。

原因は、なんと昨年の台風の影響が大きいそうです。台風で擦れて傷がついた枝から細菌が入り込むそうです。風当たりの強いところに多くみられるようです。
こりゃ、たまげた!・・田舎のおじさんがよく使う言葉

真剣に講習を受ける桃部会の皆さん

ほっとくと木の枝をどんどん切り落としてハゲタカみたいになるから「ハゲは俺の頭だけで結構だ」なんておじさんが言ってみんな大笑いしていました。

あぁ~気が重いです。もうじき袋掛もしなくちゃだしね。

 ぽちっとね。

桃の摘雷も摘花も終了し「マスク」売ってます♪

何とか桃の摘雷と摘花も終了致しました。今年はあったかくなるのが早いので、相当焦りました。。。

しばらくは時間ができたので、又マスク作りを再開してます。今度は家の前に「マスクあります」の看板をたてました。ネット販売も只今思案中。

友人が看板を見て注文をとってきてくれたり、看板を出して2日ほどたってだんだん認識されてきたのか売れてきました(*^-^*)うれしいです♪

桃の花も満開だよ~。

只今、桃の花も満開です!濃いピンクでとってもかわいい花🌸なんですよ( ◠‿◠ ) 桃農園では只今、摘花(てきばな)の作業真っ最中です。

この作業は花数も目に見えて減っていくので摘雷と比べると割と楽しくできます。取った花を集めていっぱいばあばのお手伝いをした気になって満足げの孫の姿がかわいいです。天気がいい日は、蜂もたくさん飛んでます。

桃の花を拾い集めて喜ぶ孫

蜂も交配が必要な品種の木には重要な役割をしてくれます。なるべく桃の花に蜂が行くように昨年は主人が地面のタンポポ取りをしたかいがあってか少ないです。恐るべしタンポポ、草を刈ると茎が伸びないうちにすぐに花を咲かせて子孫繁栄させようとするんです。さすがこれも外来種ですね。

満開の桃

みなみ信州は一日雨で農作業はお休み(^^♪

久々の一日雨で農作業はお休みです!昔の人はこういう日を「ほねやすみ」と言ったそうです。今日は朝からちび猫たちを病院に連れていくと決めていました。もうじき7か月の猫ちゃんたちですがもう「さかり」がついて外に出たがるので避妊手術の相談をしに行ってきました。

のんきに寝るちびとみい

もういつでも手術していいと言われました。4月の2匹一緒にできる日に予約してきました。やれやれですがもうしばらく「さかり」のついたすんごい鳴き方を我慢しなくてはです(^-^;

天気がいい日は畑でご機嫌(^^♪

農作業にはラジオが一番のお友達なんです!信越放送(SBC) のコピーに「ラジオは農具の一つです」というのがあるくらいです。

★オオイヌノフグリと踊子草

先日の日曜日にはサザンの桑田さんの番組があり、おまけにお天気も良かったんでご機嫌で農作業ができたのです。

以前ライブに行ったことを思い出しながら楽しんでました。

私、ここだけの話、そんなに農作業は好きではないのです。

 

主人はサラリーマンで、他にやってくれる人もないのでやってますが、可愛い草花を見ながら こんなに楽しくできる日もたまにはあります。 ぽちっとね。

桃の摘雷(てきらい)真っ最中~だよ。

展示会も無事終わり、私には待っているものがあるのです( ̄ー ̄)
それは桃栽培農家のお仕事です。只今「桃の摘蕾(てきらい)」真っ最中です。
摘蕾とは桃のつぼみを取る作業なのです。

桃畑です。奥に見えるのが雪をかぶった中央アルプスです。

これが桃農家にとって最大の面倒な仕事で、なおかつ手間のかかる作業なんです。最大の目標はなるべくたくさん花を咲かせないことなんです。桃の木は花を咲かせるときに最も養分を使うそうです。この時これを抑えることで実をつけるまで養分を蓄えておくと美味しい桃を収穫できるそうです。

 ぽちっとね。

桃にしてみるとなんだか可哀想ですが、美味しい桃を作るにはそういうものらしいのです。まだまだ作業は続きます・・・・